本文へスキップします。

H1

開催中の展覧会

展覧会(一覧で詳細表示)

日本刀の見方 -パートⅢ 刃文-

日本刀の見方 -パートⅢ 刃文-


■ご挨拶
この度の展示では原点に立ち返り、日本刀鑑賞の基礎たる点にスポットを当てることにいたしました。

近年、増えている若い刀剣愛好家からの声もあり、日本刀はどのように見ればよいのか、どこが見所なのかをわかりやすく示し、日本刀の魅力を存分に楽しんで頂こうと思います。

そこで「日本刀の見方」と題し「姿」「地鉄」「刃文」それぞれに焦点を当て、全3回に分けて日本刀鑑賞のポイントを解説するシリーズ展示を企画しました。

本展覧会では(公財)日本美術刀剣保存協会の所蔵品を中心に各時代の名刀や、彩りを添える刀装・刀装具を展示致します。初心者も玄人も共に肩を並べて心置きなく、名品を御賞翫ください。

  

会期 令和3年4月17日(土)~7月11日(日)
開館時間 9:30 ~ 17:00 (入館は16:30まで)
休館日 毎週月曜日(祝日の場合開館、翌火曜日休館)
入館料 大人 1,000円
会員 700円 
高校・大学・専門学校生 500円 
中学生以下 無料
※大人20名以上の団体は会員価格
主催 刀剣博物館
展示作品リスト 展示リスト
 写真撮影 撮影可 
※No.4のみ撮影不可となります。
太刀 銘 相州住綱広
     天文十七年戊申二月日
             (附)皮包鉄造太刀拵

※展示室内でのフラッシュ撮影はご遠慮ください。
 次回展示予告 2021年度現代刀職展 今に伝わるいにしえの技
令和3年7月17日(土)~9月20日(祝)