本文へスキップします。

H1

現代刀職展(研磨・白鞘・刀装・柄前・白銀の部)

エディタV2

研磨・白鞘・刀装・柄前・白銀の部(旧刀剣研磨・外装技術発表会)
研磨、白鞘、刀装、柄前、白銀の伝統技術の保存と向上を図ると共に、多くの皆様に現代技術の優秀さを認識してもらうことを目的として、昭和23年より開催し、審査を行っています。審査の結果入選品を決定し、さらに優れた作品には特賞・優秀賞・努力賞を授与・表彰します。

2018年より、「新作名刀展」と「刀剣研磨・外装技術発表会」は合同開催(現代刀職展)となりました。合同開催による作品展示を通して刀剣は如何に多くの職人の手による総合芸術であるかが、その成り立ちも合わせ多くの方々にご理解をいただけるものと確信しております。
毎年「現代刀職展」を刀剣博物館で開催し、各地で巡回展示を行います。

エディタV2

2022年は当協会・全日本刀匠会主催の「令和の名刀・名工展」の開催に伴いまして、現代刀職展の開催を見合わせることといたしました。なお、2023年度以降は通常通り「現代刀職展」を開催いたします。