本文へスキップします。

H1

現代刀職展(作刀の部)

エディタV2

作刀の部

作刀の伝統技術の保存と向上を図ると共に、多くの皆様に現代技術の優秀さを広め、文化財としての刀剣への関心を高めることを目的として開催しております。 

エディタV2

2024年度 現 代 刀 職 展
作刀の部出品受付

主催 公益財団法人日本美術刀剣保存協会
出品受付期間 2024年4月1日(月)~4月3日(水) ※窓口受付時間10:00~16:00
表彰式 開催日未定
展示日程 2024年8月10日(土)~10月14日(月・祝)予定
出品資格・部門 本協会会員でない方も出品できます。各部門共に伝統的技術・材料によって制作されていないものは、審査の対象外となります。
作刀の部については、日刀保たたらの玉鋼を使用することが望ましい。

作刀の部は「太刀・刀・脇指・薙刀・槍」と「短刀・剣」の両方に、1人1点ずつ出品できます。

出品作品は2023年4月以降、2024年3月末日までに制作されたものに限ります。この期間以外のものは出品できません。
出品方法 下記の書類と出品物件を提出してください。
 <申請に必要なもの>
 ・出品物件
 ・
出品申込書
 ・え符
  → 本協会にご請求頂くか、受付時に窓口でご記入ください。

出品物件を送付される場合
 所定の書類(出品申込書、え符)を本協会にご請求ください。その際、出品部門をお伝えください。
 必要事項を記入し出品物件と共に受付期間内に到着するように期日を指定して送付してください。
 宛名には必ず出品部門を明記してください。
審査結果 4月中旬に審査会実施予定
審査員 後日ご案内します。
各賞と賞金 特 賞:100,000円及び副賞 
優秀賞:賞金50,000円
努力賞:賞金20,000円
※出品者には参加賞として玉鋼(無鑑査10キロ、太刀の部20キロ、短刀の部10キロ)を配布の予定です。玉鋼は全て2級Bです。
作品集 展示図録として、入賞以上の作品を掲載の予定です。 
〈注意事項〉 展示図録には入賞者のお名前と共に顔写真を掲載の予定です。予めご了承ください。
出品刀には必ず登録証をつけ、刀袋に入れてください。
◇主催者は入賞、入選作品を展示及び撮影できるものとし、当該作品画像を書籍・パンフレットの頒布及び広告宣伝(WEB上への掲載を含む)に利用できるものとします。
諸般の事情により日程変更の可能性がありますことを予めご了承ください。随時、協会ホームページ及び『刀剣美術』誌上でご案内いたしますので、ご覧ください。