協会概要刀剣博物館外観

ご案内

展示内容

 


館蔵名刀展 同時開催 幕末金工の美
平成27年1月6日(火)〜4月26日(日)

ごあいさつ
 この度の展覧会では日本刀草創期から明治時代まで、所蔵品による各時代の優品を一挙公開いたします。当館が所蔵管理する刀剣三百点余のなかには、国宝三点・重要文化財七点・重要美術品十五点が含まれています。これら国の指定認定文化財を軸とし、当館所蔵品の多くは、数々の篤志家によるご厚意のうちに寄贈された作品群です。
  ここに謹んで感謝の意を表すとともに、これら収蔵品のよりよい保存環境の整備、そして日本刀の新たなる公益普及活動のため、当協会は博物館移転の意を固め推進中でございます。
また刀装具は幕末金工の美と題しまして、新時代を意識しつつも独自の芸術を見事に花開かせた工人達を取り上げます。後藤家の掉尾を飾る一乗、天賦の才を昇華させた清寿、そして東京美術学校(現芸大)へと金工の道を拓いていった夏雄や勝a、彼らとその流れにある工人達が、幕末から明治という時代を真摯に生き抜いた制作の軌跡を追います。
是非この機会に改めて、当館に寄せられた愛刀家の心意とその名品の数々をご清鑑いただき、新天地への開拓にご理解ご協力賜りますようお願い申し上げます。


                                             刀剣博物館


<展示リスト>

館蔵名刀展(刀剣)
館蔵名刀展(刀装・刀装具)


<次 回>
平成27年4月28日(火)〜6月7日(日)
平成27年新作名刀展展

所在地


開館時間 10:00 〜 16:30 (入館は16:00まで)
休館日 毎週月曜日(祝日は開館)
観覧料 一般600円、会員・学生300円
(中学生以下 無料)
交通 (1) 小田急線 参宮橋駅(各停に乗車、新宿から2つ目)徒歩約7分
(2) 京王新線 初台駅(新宿から1つ目)徒歩約7分
(3) バス
  a. 渋谷駅西口より京王帝都51系統(新宿駅西口行き)
代々木三丁目下車 徒歩約5分
  b. 同じく渋谷駅西口より京王帝都63、64系統(中野駅行き)
もしくは都営バス66系統(阿佐谷駅行き)東京オペラシティ南下車 徒歩約5分
  c. 新宿駅西口より京王帝都51系統(渋谷駅行き)
代々木三丁目下車 徒歩約5分

周辺地図

日本美術刀剣保存協会、刀剣博物館の所在地

〒151-0053 東京都渋谷区代々木4丁目25-10
TEL     03-3379-1386〜8
FAX     03-3379-1389

上へ戻る