刀剣のすべて金梨子地楓紋蒔絵螺鈿鞘細太刀拵 室町時代

日本刀の手入れ方法
 刀剣の手入れは要約すれば、古い油を拭いとって、新しい油を塗りかえ、刀身が錆びないようにすることです。従って、汚れた油は出来るだけきれいに拭いとることが必要であり、次には新しい油を、くまなく薄く塗る(油をひくといいます)ことが肝要です。その手入れ道具と順序は次のとおりです。


手入れ道具


1 目釘抜(めくぎぬき)
刀の目釘を抜く道具で、真鍮製のものや竹製のものなどがあります。
手入れ道具イメージ
2 打粉(うちこ)
砥石の微細粉、約30〜35gを吉野紙でくるみ、さらにその上を綿、絹でくるんだもので、刀身をたたくと、白い粉が出ます。(市販している。)
3 拭(ぬぐ)い紙(がみ)
良質の奉書をよく揉んで軟らかくし、砂気や、ごみを充分除去したもので、下拭(したぬぐ)い用(油取り用)と上拭(あげぬぐ)い用(打粉取り用)と2種類あります。(ネルを使う場合は、よく水洗いして糊気をとり、乾かしてから使います。)
4
錆を防止するために塗る油で、丁子油(ちょうじあぶら)と呼ばれます。(市販している。)
5 油塗紙
刀身に油を塗る時に用いるもので、拭い紙やネルなどを適当な大きさに切って使います。
その他
木槌や、ベンジンなどが、必要に応じて用いられます。

手入れの順序と方法


1 順序1イメージ刀を横にして下におき、目釘抜(めくぎぬき)で目釘を抜き、柄(つか)をはずします。



2 順序2イメージ 刀を鞘から抜きます。



3 順序3イメージ刀の柄をはずします。柄の抜き方は左手で柄頭(つかがしら)を棟の方から握り、刀を斜めに立て、右手の拳(こぶし)で軽く左の手首を打ちます。そして茎が軽くゆるんだところで、調子をはかってさらに2、3回手首を打ってゆくと自然に抜けてきます。適当なところで右手で茎をつかんで柄を抜き取ります。

この際、注意すべきことは、最初にあまり力を入れて強く手首を打ちすぎると、茎の短い短刀などはとび出してしまう危険があります。したがって最初に軽く打って、茎と柄の締まり具合をためした上で、適当に力を加減することが必要です。
4 順序4イメージはばき(はばき)をはずします。もしはばきが固くて、はずれない場合があります。そのときははばきの棟の方を布で保護し、その上を木槌で軽くたたくと楽にはずれます。
拵付のものであったら柄をはずしてから、次に、切羽(せっぱ)や鐔をはずし、はばきもはずします。
5 順序5イメージ次は拭(ぬぐ)いですが、この場合、拭い紙は2枚用意しておきます。そしてその1枚でよく払って、古い油や、よごれを取ります。これを下拭いといいます。この時は、拭い紙を棟の方からあて、刀の刃先を親指と人さし指とで軽くおさえるような気持ちで力を入れずに、はばき元から上へ上へと静かに拭います。
鋒(みね)のところは特に力をぬいて鋒の形なりに払ってゆき、スッとぬいてゆきます。だんだん慣れて上手になれば、上から下に拭い下げても大丈夫ですが、慣れないうちは紙を切ったり手を切る危険がありますので、決してやらないことです。もし油がとれないようなことがあった場合には、脱脂綿かガーゼにベンジンか無水アルコールをつけて下拭いと同様の方法で拭います。それから改めて下拭いをかけます。
6 順序6イメージ刀の表のはばき元(はばきもと)から鋒の方へ、平らにムラなくポンポンと軽くたたいて打粉をかけ、次に裏を返して逆に鋒からはばき元の方へ同様に打粉をかけます。更に棟にも軽く適当に打粉をかけます。
7 次にもう1枚の拭い紙で下拭いと同様の要領で拭います。いっぺんできれいにならなかったら、更に打粉をかけ、上拭いを繰り返します。
8 拭い終えたら、錆(さび)が出ていないか、疵(きず)その他の故障がないかを確かめた上で、柄もはばきもはずしたまま、一応鞘に納めます。なお、この時用いる2枚の拭い紙は、以後使用する時には「下拭い用」「上拭い用」とそれぞれ区別して用いることが肝要です。
9 順序9イメージ油塗紙(水で洗ったネルでもよい)を幅3cm、長さ6cmほどに適当にたたみ、これに新しい油をつけて、それが終わったら再び刀を抜いて左手に持ちかえ、右手で油紙を刀の棟の方からあて、拭いと同様な要領で静かにていねいに油を塗ります。油のつかない部分のないように確かめながら、時には2、3回繰り返します。
拭う時も同様ですが、細心に扱うことです。また、刀身に油を塗る場合、あまり少なすぎても困りますが、多すぎると油が流れて、鞘などを損ずるおそれがあります。薄くムラなく、平らに塗ることが上手なやり方です
10 油のついた手で、軽く茎にも油を塗っておくのもよいことです。但しこれも多くべたつくほどにやることは禁物です。
11 はばきをかけて一応鞘に納め、柄の目釘をぬき、更に刀をぬいて右手に持ち、刀を立てるようにし、左手に柄を持って、茎を柄に入れます。
  順序11-2イメージ刀を左手に持ったまま、ピタリとはいるように、柄頭を右の掌(てのひら)で下からポンと軽く打ちます。
  順序11-3イメージよく納まったら目釘を打ち、刀を右手に持ちかえ、左手で鞘を握って前述(刀の抜き方、納め方)のようにして刀を鞘に納めます。
  言うまでもありませんが、拵のついている場合は、一応、刀を鞘に納めたまま、切羽・鐔・切羽という順序に鐔をかけ、それから刀を抜いて柄に入れ、目釘を打って鞘に入れます。
12 槍や薙刀等の扱い方・手入れ法も同様ですが、槍は扱いを特に注意しないと、よく怪我をする場合があります。剣(両刃(もろは)のもの)も同様です。なお、日本刀は十数種類の砥石によって微細に研磨されているため、拭い紙や油紙に挨やごみが付いていると、ヒケ・疵の原因になります。ですので、手入れ道具は常に清潔に保管しましょう。

上へ戻る