刀剣のすべて金梨子地楓紋蒔絵螺鈿鞘細太刀拵 室町時代

各部のつくりと見どころ
 武器である日本刀ですが、時代により、また刀工によりさまざまに技術的工夫が凝らされ、それ自体見どころの多いものとなっています。刀の各部分のつくりや見どころをご説明します。


造込(つくりこ)み


 造込みとは、刀の構造を立体的に言い表したものです。平(ひら)造り、鎬(しのぎ)造り、切刃(きりは)造り、両刃(もろは)造りなど、いろいろな種類があります。   造込みイメージ


鍛(きた)え


 日本刀は「折れず、曲がらず」という条件を満たすために、炭素量の少ない心鉄(しんがね=軟らかい鉄)を炭素量の多い皮鉄(かわがね=硬い鉄)で包んで鍛造します。皮鉄は良質の玉鋼(たまはがね)を用い、8〜15回ぐらい折り返して鍛錬されます。
 「鍛え」とは地がねのことで、鋼(はがね)そのものの材質と、その鋼を折り返し鍛錬することによって現れて見える肌目(はだめ)の模様を総合したものを言います。鍛え目がはっきり出ているものを「肌立(はだだ)つ」と言い、鍛え目が細く密着しているものを「肌がつむ」と言います。

 鍛えの肌に樹木の肌模様と同じ紋様が見られるのはとても興味深いところです。それらには大別して「板目(いため)肌」「杢目(もくめ)肌」「柾目(まさめ)肌」「綾杉(あやすぎ)肌」などがあります。

鍛えイメージ


 一番多いのが板目肌で、特に大模様のものを大板目(おおいため)と言い、正宗で有名な相州物(=現在の神奈川県あたりで作られた刀)あるいはその系列の伯耆(ほうき)物(=現在の鳥取県・島根県で作られた刀)に多く見られます。よくつんだ板目肌や小板目肌は鎌倉時代の山城(=現在の京都府)刀工に多く、特に細くきれいにつんだものを梨子地(なしじ)肌と呼びます。

 正宗と相弟子の越中国の則重は大板目が特に肌立ち、地景(ちけい)と称する、鍛え肌に沿って黒く光る線状の働きがさかんに現れ、その様が松の幹の皮を思わせるところから松皮(まつかわ)肌と呼んでいます。また逆に江戸末期(幕末)の刀の鍛えは、肌目がよくとらえられないぐらいにつんでいることから、無地肌とか鏡肌(かがみはだ)と呼んでいます。

 つぎに杢目肌ですが、純然たる杢目肌のみの鍛えはあまりなく、一般には板目肌に交じって杢目が現われます。特に杢目の目立っているものに備中(=現在の岡山県)青江(あおえ)派があり、その様子が縮緬(ちりめん)をおもわせるところから縮緬肌とも言います。 柾目肌ですが、上古刀はほとんど柾目で、平安中期以降は大和物(=現在の奈良県で作られた刀)及びその流れを汲んだものにみられます。 綾杉肌は、奥州の月山(がっさん)、薩摩の波平(なみのひら)などに見られます。

 またこれらの地がねの色合いもさまざまで、北国物のように黒みを帯びるもの、美濃物(=現在の岐阜県で作られた刀)のように白(しら)けるもの、またうるおいのあるもの、かすっぽいものなど国・流派によって種々見られるところです。 さらに映(うつ)りといって、刃文とは別に、地の中に白く刃文の影のように霞(かすみ)がかかったものが浮かびあがって見える場合があります。この映りの最も美しいのは備前刀であり、大きな見どころとなっています。


沸(にえ)と匂(におい)


 焼入れを行うと、刃の部分と地の部分に硬度の差によって刃文が生じますが、刃文と地の境目などに「沸」や「匂」が現われます。

 沸は粒子の粗(あら)い部分で、肉眼でとらえることができますが、匂は顕微鏡で見てやっとわかるほど粒子が細かいものです。例えば、夜空に輝く星のようにきらきらと光って見えるものが沸であり、天の川のようにぼうっと霞んで見えるのが匂であると言えます。

沸イメージ   匂イメージ
沸(にえ)   匂(におい)

 冶金学者の俵国一博士(1872〜1958)は、焼入れによってできる最も硬い組織(マルテンサイト)と、中位に硬い組織(トルースタイト)が混在するために、研磨の結果、沸や匂が浮き上がって見えることを科学的に証明しました。


地肌と刀文の働き


 「働き」とは、地肌や刃中に動きや変化のあることを言います。焼き刃の働きはその形状によって、足(あし)・逆足(さかあし)・葉(よう)・砂流(すなが)し・掃掛(はきか)け・打(うち)のけ・金筋(きんすじ)などと表現します。

 例えば、刃中の沸がつながって細い線となり、いっそう輝いてきらりと光って見えるものを金筋、やや太く長いものを稲妻(いなづま)と呼んでいます。 また、同様のものが地肌にある場合は地景(ちけい)、沸が一部分にかたまって飛焼(とびやき)となっていないものを湯走(ゆばし)りと呼んでいます。
 

 沸は刃の部分だけでなく、地肌にもつき、これを地沸(じにえ)と言います。 刃中の沸の多い作風を「沸出来(にえでき)」と言い、主として鎌倉初期の作刀や相州物(そうしゅうもの)の系統に見られます。「匂出来(においでき)」の作風は、鎌倉中期以後の備前物(びぜんもの)や南北朝時代の備中青江物(びっちゅうあおえもの)などに代表されます。


刃文


 日本刀の美と言えば、姿や鍛え肌とともに「刃文」の美しさを挙げなければなりません。刃文とは、焼入れの技術によって生ずる模様のことです。焼刃土(やきばづち)という粘土性のものを荒仕上げした刀身にへらを用いて刃の部分だけ土を薄く塗るのですが、塗り方で直刃(すぐは)になったり、乱刃(みだれば)になったりと、刃文の形が決まります。これを土取(つちとり)と言います。土取の土が乾いたところで炉に入れ、刀身の焼加減を見て水槽に入れます。これを焼入れと言い、最も技量を要する大切なものと言われています。

   刃文の図で示したように、直刃にも細直刃(匂のしまったもの)や広直刃などがあり、乱刃には、小乱(こみだれ)、丁子、重花丁子、蛙子(かわずこ)丁子、互の目、片(肩)落ち互の目、三本杉、湾(のた)れ、濤瀾(とうらん)、皆焼(ひたつら)、簾刃(すだれば)など、さまざまなものがあります。


帽子


 鋒(きっさき=切先)の部分を言います。この大小の形とそこに焼かれた刃文とは、個々の刀工の特色や各時代の特色をよく表わしているので、大事な見どころの一つとなっています。帽子の焼刃の形には、大丸、小丸、乱れ込み、焼詰(やきづ)め、地蔵(じぞう)、火焔(かえん)など種々の名称があります。  

帽子イメージ

※クリックすると画像が大きくなります。



茎(なかご)の鑢目(やすりめ)


 茎(中心とも書く)は、たいてい鑢目を入れて仕上げてあり、これにより系統や時代を知ることができます。

鑢目の種別
※クリックすると画像が大きくなります。


 また、茎についた錆びは腐食から茎を保護する役目がありますので、錆びは落とさないように注意します。

 
切(きり=横(よこ)とも言う) 最も一般的なもの。
勝手下(かつてさが)り 勝手は右手のことで、右下りの鑢(やすり)を言い、横鑢(よこやすり)に次いで多い。
筋違(すじかい) 勝手下りより角度の急なもの。左下りは逆(さか)筋違。
大筋違(おおすじかい) 古刀では青江一門、左一門の特色である。
鷹羽(たかのは[羊歯(しだ)])・逆(さか)鷹羽・片筋違 大和系に多い。
檜垣(ひがき) 大和、美濃、薩摩の波平一門等。
化粧鑢 新刀に限る。
せん鋤(せんすき[せん目]) 上古刀。


刀身彫刻


 刀身に彫刻を施すことは、すでに平安時代から行われていました。実用からのもの、信仰によるもの、装飾的なものがあり、時代の流行や系統によって特色が見られます。

彫刻イメージ


 古刀では樋を掻く(=刀身に沿ってみぞを入れる)ほかに信仰を示す彫刻が多く、梵字(ぼんじ)、剣、不動明王、倶利迦羅(くりから)、三鈷(さんこ)剣、護摩箸や、八幡大菩薩、南無妙法蓮華経、天照皇大神(あまてらすおおみかみ)、三十番神などの文字があります。新刀になると、ますます装飾性が強くなり、鶴亀、上下竜、松竹梅、蓬莱(ほうらい)山、などが彫られています。

 樋の留め方には、角留(かくどめ)、丸留、掻(かき)流し、掻通(かきとお)しなどの種別があります。

上へ戻る