刀剣のすべて金梨子地楓紋蒔絵螺鈿鞘細太刀拵 室町時代

刀剣の種類
日本刀は、形や大きさなどの違いから、以下のような種類に分けられます。


直刀(ちょくとう)

 直刀は湾頭(わんとう=まっすぐでなく、そりのついた刀)以前の刀で、古墳時代から奈良時代にかけて制作されました。そりがほとんどなくまっすぐか、わずかに内反りで、平造り(平作)や両切刃造(もろきりはづくり)となっています。直刀と同様な作りの刃は現代まで制作されています。


太刀(たち)

 皆さんが美術館・博物館でご覧になるとき、刃を下にして飾ってあるのが太刀で、平安時代(12世紀)後期から室町時代初期まで、腰に佩(は)いて(=吊して)用いたものです。反りが高く、刃長はふつう2尺3寸〜6寸(70〜80cm)くらいあります。


刀(かたな)
 太刀に代わって室町時代中期(15世紀後半)から江戸時代末期(19世紀中頃)まで使用され、刃長は2尺(60.6 cm)以上ありますが、太刀よりはやや短いものです。太刀とは逆に、刃を上にして腰に指します。新刀(慶長=1596〜1614年以降のもの)にも、幕末の新々刀にも太刀のように作られたものもあります。もとは太刀であっても磨り上げて短くなると刀と呼び、一般の刀と同様に刃を上にして腰に指します。


脇指(わきざし)

 1尺(30.3 cm)以上、2尺以下のもので、刀と同じく腰に指します。小脇指と呼ばれる1尺2、3寸(36 cm〜40 cm)のものもあります。桃山・江戸時代には「大小」といって刀の指添(さしぞえ=予備として持つ)にし、揃えて一組にして用いられました。



短刀(たんとう)

 長さが1尺(30.3 cm)以内のもので、腰刀とも呼ばれます。また湾刀出現以前の短刀を「かたな」と呼んでいました。




剣(けん・つるぎ)

 両面に刃がついていて、反りのつかないものを剣と呼びます。





薙刀(なぎなた)

 茎(なかご)を長く作り、薙ぎ払うために使われたものです。刀身の先端へと反りがつき、中には穂先にかけて両刃(もろは)となるものもあります。また一般的に薙刀と長巻(ながまき)を区別して、薙刀造(なぎなたづくり)で横手(よこて)のないものを薙刀、あるものを長巻とする説がありますが、今日では薙刀に統一しています。

 ※ 横手:鋒(きっさき)部分にある、鎬筋(しのぎすじ)と垂直に交わる筋のこと。


槍(やり)

 柄(え)の先端に剣形の穂をはめ込んで使用されたものです。穂先の部分の形状と柄の長短や大小は、時代や使用方法によって異なります。 先端の形状は、剣形(両鎬(りょうしのぎ))、平三角(ひらさんかく)、笹穂、十文字、片鎌(かたかま)など各種あり、直槍(ちょくそう)系と十文字槍(じゅうもんじやり)系に大別されます。


上へ戻る