刀剣のすべて金梨子地楓紋蒔絵螺鈿鞘細太刀拵 室町時代

日本刀の製作工程
 日本刀の製作方法は、時代、流派、個人によって多少違ってきますが、ここでは玉鋼による一般的な製作工程について説明します。


1 水(みず)へし・小割(こわ)り


 玉鋼を熱して厚さ5mm程度に打ち延ばし、次にこれを2〜2.5cm四方に小割りして、その中から良質な部分を3〜4kg選び出し、直接の材料とします。   小割りイメージ


2 積沸(つみわか)し


 小割りにされた素材をテコに積み上げて、ホド(炉)で熱します。この過程で素材が充分に沸かされ(=熱せられ)一つの塊となります。   積沸しイメージ


3 鍛錬(たんれん)・皮鉄(かわがね)造り


 炭素の含有量を調整し不純物を除去するために、鍛錬を行います。鍛錬の方法は、充分沸かされた素材を平たく打ち延ばし、さらに折り返して2枚に重ねます。この作業を約15回程度行いますが、特にこの工程の前半を下鍛(したぎた)え、後半を上鍛(あげぎた)えといいます。
 鍛錬によって、いわゆる皮鉄(=軟らかい心鉄をくるむ、硬い鉄のこと)が作られます。15回ほどの折り返し鍛錬の結果、自乗計算すると約33,000枚の層状となります。日本刀が強靭である理由のひとつがここにあります。
  鍛錬イメージ


4 心鉄(しんがね)造り・組み合わせ


  心鉄造りイメージ
 皮鉄造りに前後して、心鉄を作ります。 日本刀は「折れず、曲がらず、よく切れる」という3つの条件を追求したものですが、切れるためと曲がらないためには鋼は硬くなければならないし、逆に、折れないためには鋼は軟らかくなくてはなりません。この矛盾を解決したのが、炭素量が少なくて軟らかい心鉄を炭素量が高くて硬い皮鉄でくるむという方法です。これは日本刀製作の大きな特徴となっています。
 くるむ方法、つまり組み合わせには、甲伏(こうぶ)せ、本三枚(ほんさんまい)、四方詰(しほうづめ)など多くの種類がありますが、これは時代、流派、個人によって異なります。


5 素延(すの)べ・火造(ひづく)り


 皮鉄と心鉄の組み合わせが終わると、これを熱して平たい棒状に打ち延ばします。これを素延べといいます。
 素延べが終わると、小槌(こづち)で叩きながら日本刀の造り込みの作法に従って形状を整え、さらにセンスキ鑢(やすり)で肉置きを整えます。これが火造りです。
  素延べイメージ


6 土置き(土取り)・焼き入れ


 耐火性の粘土に木炭の細粉、砥石の細粉を混ぜて焼刃土(やきばつち)を作ります。これを刃文の種類に従って、土塗りをしていきます。焼きの入る部分は薄く、他は厚く塗り、これを約800度くらいに熱して、頃合いを見て急冷します。   土置きイメージ


仕上げ・銘(めい)切り


  仕上げイメージ
 焼き入れが終わると、曲がり、反りなどを直して荒砥ぎをします。
 最後に、刀身に疵(きず)や割れができていないことを確認し、中心(なかご)の鑢仕立てを行い、目釘孔(めくぎあな)を入れ、最後に作者の銘を入れます。

 日本刀を武器として打ち合った場合、折れないためには柔軟でなければならず、かといって軟らかいばかりでは曲がりが出るおそれがあります。そのうえ美術刀剣である以上、容姿の端麗さも求められます。
 このような多くの矛盾した要求に応え、刀工は苦心して日本刀を作りあげてきました。武器でなくなった今日でも、日本刀が伝統工芸品である限り、製作の過程は忠実に踏襲されていくべきでしょう。

上へ戻る