協会概要刀剣博物館外観

たたら事業

 当協会では、昭和20年以後、操業が途絶えていた島根県仁多郡横田町の「靖国たたら跡」を昭和51年6月24日「日刀保たたら」として復元し、昭和52年11月8日に火入式を行いました。

 「たたら」とは、砂鉄と木炭をもとに、純度の高い鉄類を生産する日本古来の重要な製鉄法です。生産品の中で特に優れた鋼(はがね)を「玉鋼(たまはがね)」といい、日本刀の原材料として欠くことのできないものです。

 当協会は、昭和52年以降国庫補助事業として、日立金属株式会社及び株式会社鳥上木炭銑工場(現、株式会社安来製作所ワイエスエスサービス事業部)の協力のもとに「たたら操業」を行い、この技術の保存と後継者の養成につとめており、生産された玉鋼等を全国の刀匠に頒布して、文化財保護に貢献しています。


このたたら操業を行う長を「村下(むらげ)」といい、国から文化財保護法による選定保存技術保持者として、また当協会も選定保存技術保存団体として認定されています。

 過去、たたら復興時には安部由蔵、久村歓治の2名が村下として活躍しました。その後昭和63年、久村歓治亡き後長らく空席だった村下職に木原明が就任し、安部由蔵亡き後、平成14年に渡部勝彦が村下となりました。現在は村下2名のほか、村下養成員として9名の者が技術の錬磨に励んでいます。

 

操業風景

たたら操業風景

けらだし風景
けら出し(けらだし)

  たたらは砂鉄と木炭を交互に装入する3昼夜の操業の後、できあがった鉄の塊である約2.5トンほどの「(けら)」を釜から出す作業が待っています。この釜を壊す作業とそののちを引き出す作業を「出し」といいます。一連のたたら操業のなかで、クライマックスともいえる場面です。

写真の玉鋼もふくめ、できあがったからは数種の鉄が採取されます。それぞれ含有炭素量で概ね以下の3種に分類されます。

玉鋼1級と2級 :0.5〜1.2%、破面がほぼ均質。
卸鉄用(おろしがねよう) :炭素量に大きなバラツキあり。主に芯鉄とする。
銑(ずく) :炭素量1.7%以上で溶解の進んだもの。
  玉鋼(たまはがね)画像
玉鋼(たまはがね)

上へ戻る