協会概要刀剣博物館外観

伝統技術の後継者養成事業

 伝統技術の後継者養成のために、製作技術保存の研修会・講習会を毎年実施しています。
 この研修会・講習会は、「その具体的内容は以下の通りです。  なお講師は、各々の分野での最高技術をもった職人をあてています。


作刀技術実地研修会


 刀匠の現職教育の一つとして、毎年島根県横田町にある日刀保たたら事業所内の鍛錬道場において、技術の向上と保存のために研修会を行っています。
 この研修会の出席者は、特別研修生・研修生・聴講生の3段階からなり、研修生以上は技能向上のため、現職刀匠をこの対象としています。聴講生は特別研修生・研修生を終えて、さらに研修したいもの、およびこれから刀匠となるべく修行中のものを対象としています。

  実習イメージ
鍛錬実習

修了式イメージ
修了式

   研修は3年を一単位とし、それぞれ「鍛錬「素延・火造」「焼入れ」から構成されています。
 開講式・修了式には、地元の横田町長をはじめとした関係者も出席します。

刀職技能訓練講習会


 刀職者の技能の向上のために、当協会講堂において彫金・刀身仕立・柄下地の訓練講習会を行っています。
 この講習会は、初心者、熟練者の差をつけずに刀職者の技術向上を図ることを主眼としています。そのため特に研修生制度をとらず、受講者全員同じ条件で講師からの指導を受けることができます。
  講習会イメージ
彫金専攻

刀剣研磨・外装技術研修会


 刀剣研磨及び刀工の鍛冶研ぎ、並びに・柄巻・などの技術の向上と保存を図るために、当協会講堂に於て毎年研修会を行っています。
 この研修会も先の作刀技術実地研修会と同様、研修生制度を採用しています。3年間を1単位として行い、研修次第では短期間での技量向上も可能です。

  研磨の部イメージ
研磨の部
下地研ぎと仕上げ研ぎの研修を1年ごとに行います。

鍛冶研ぎの部イメージ
鍛冶研ぎの部
平肉のつけかたやネジレの直し方、窓明けの技法などを研修します。

  鞘の部イメージ
鞘の部
掻き入れや道具の手入れ方法、木取りの基本技術の研修などを行っています。
柄巻の部イメージ
柄巻の部
蛇腹糸巻や止めの技法、仕上げの技法などの研修を行っています。
  白銀の部イメージ
白銀の部
金着せや姿の打ち出し、鑢のかけかたなどを研修します。

上へ戻る