刀剣のすべて金梨子地楓紋蒔絵螺鈿鞘細太刀拵 室町時代

日本刀の歴史
 ここでは簡単に日本刀の歩みについて述べます。日本刀の各時代における特徴は、「種類と作り」の中の「各時代の特徴」を参照してください。

 現在「日本刀」と聞いて一般的にイメージされるのは、反りのついた太刀(たち)でしょう。その太刀が出現したのは平安時代中期以降からで、それ以前は反りのない直刀(ちょくとう)が使われていました。
 鍛錬(たんれん)の技術がそのころ大陸から伝播し、「鉄」に対する新技法が活発化します。

 日本刀の姿形は、平安後期より鎌倉・南北朝・室町・桃山・江戸初期・中期・幕末へ移行するにつれて、大きく変化してきました。例えば、直刀は斬ることよりも突くことにその用法の特色があり、次の時代に出現した反りのある太刀は斬ることを主目的としているなど、使い方の違いがはっきり現れてきます。その最大の要因は、戦闘様式の変遷です。直刀期までの時代と違い、平安末期からは、反りのある太刀と弓箭(きゅうせん)が馬上戦の最大の武器として威力を発揮しました。そして合戦のたびに改良工夫がなされ、更に実用的効果をあげるために研究・改善が行われてきました。

 また日本刀の製作は、平安後期から鎌倉時代にかけて、大和国・備前国・山城国・相模国・後発の美濃国の五ヶ国を中心として、各地に名工が輩出したことです。日本刀の世界では、明治以降これを「五ヶ伝」と呼ぶようになります。江戸時代の新刀期になると、これに飽き足らずに、自ら学んだ伝法に他の伝法を合わせて新しい技法を誕生させる者も各地に現れ、その技法は現代刀にも受け継がれていきます。



上へ戻る