協会概要刀剣博物館外観

協会設立の趣旨

 日本刀は古くからわが民族の誇りとする世界に類のない鉄の文化財であります。私どもは、日本刀の中に明澄な精神と先祖たちの偉大な芸術的求道心を発見して、大いなる敬意を表するとともに、この国民の宝を永久に伝承しなければならないという義務と、日本人はもとより広く世界の人々によく日本刀を理解していただき、正しい保存の道を講じなければならない責任を痛感いたします。

 当協会は、第2次世界大戦後、駐留軍の没収によって、危うく壊滅しようとしていた日本刀を混乱から救い、これらを後世に伝えるために、昭和23年2月24日に文部大臣の認可によって設立されました。また、会員の協力合資を基礎として昭和43年5月25日に協会に属する刀剣博物館を設置しました。そして作刀材料確保のため昭和51年6月24日、日刀保たたらを開設しました。

 当協会の目的とするところは、美術工芸品としての価値ある刀剣類の保存及び公開、さらに無形文化財としての日本刀の製作・研磨並びに刀装・刀装具の製作等の技術の保存向上に資するとともに、作刀に必要な材料の確保を図り、これに関する調査研究と鑑賞指導を行い、わが国文化の普及と文化財の保護に寄与するところであります。



重要文化財 太刀 無銘 福岡一文字(ふくおかいちもんじ)
鎌倉前期 備前国 長さ77.27cm
反り2.88cm


上へ戻る